【体験談】フリーターの末路 就職は厳しい?【明るい未来は少ない】

お金

今、フリーターとして働いてるけど将来が不安になって来た、、、

やっぱり、ちゃんと就職して正社員になったほうが良いのかな、、、

なんの知識もないけど正社員として採用されるかな、、、

といった不安を感じている方の疑問に答えていきます。

→本記事の内容

  • フリーターの末路【明るい未来は少ないです】
  • フリーターの不利な理由5つ
  • フリーターからの就職は可能か

 

この記事を書いている僕は社会人6年目になります。

人に対して自慢できることではありませんが内4年間がフリーターです(笑)そのうち1年はフリーターからの就職を成功させた会社で勤務していました。

今回はそんな僕がフリーターを良し悪ししついて話ていきます。

 

フリーターの末路【明るくはありません】

結論ですが、フリーターの未来は明るくありません。

この記事を読んでくれている方なら薄々気づいている方も多いと思います。悲しくもありますがこれが現実です。

 

悪い事だらけではない

フリーターは正社員に比べて時間的には比較的余裕があるかと思います。

副業などが上手くいき月に30万円程安定して稼げるようになれば、好きな仕事をゆるく週4でする。

なんてこともありかもしれませんね。

僕は割とこの働き方をお勧めします。

 

フリーターが不利な理由5つ

その①シンプルに安月給

きつい肉体労働や短期的なバイト、都会での仕事でない限りはバイトの時給はほぼ最低賃金のところが多いです。

最低賃金でなくても、最低賃金に毛が生えたくらいのところがほとんどですね。

 

手取り13万

僕はフリーターとしてデスクワークの仕事をしたことありますが当時の月給は手取り13万円でした。

一時期話題になった手取り14万を下回る数字です。

ですが、時給1,000円程度で完全週休2日制で働こうとするとこれくらいがリアルな数字です。

 

その②給料が上がらない

アルバイトは基本的には時給で働くことになります。

これに対し正社員の場合は月給になります。

 

正社員なら毎年給料が上がる期待がある

正社員だと、1年に1回または、半年に1回程度1人1人の会社の貢献度によって給料が上がったり下がったりします。(基本的には少しずつ右肩上がりに給料が上がっていきます)

 

アルバイトは10年働いても時給1,000円

これに対してアルバイトの時給は基あ本的には上がりません。

上がっても数十円。バイトリーダーなどになると数百円上がる。といった感じです。

飲食店などよくある10年以上働いている社員よりも権限のあるパートのおばちゃんでやっと時給1,100円。みたいなのありましたよね。

10年働いても上がる給料は微々たるものです。それにボーナスもありません。

 

その③もしものにもしもの時の保証がない

例えば何か病気になってしまったとき。仕事は休むことになるのでもちろん給料は出ませんし、社会保険制度もきちんと受けれるところは少ないでしょう。

僕も一度フリーターの時に1ヶ月入院したことがあります。

その月の収入は0円でかなり苦しかった記憶があります。

 

正社員は入院しても給料が出ることがほとんどです。仮に入院して働けなくても給料の6割を受け取ることが出来ます。

それに毎年、健康診断も会社の費用で受けれるので入院するリスクも極力減らすことが出来ます。

 

今回のような感染症拡大による事業縮小の際も真っ先に首を切られるのはアルバイトです。

 

その④社会的信用がない

例えば一人暮らしをする、車を買う、クレジットカードを作る。

など、20歳を超えてくると社会的信用が必要な場面が増えています。

もちろん働いている会社、その人が過去に借金をしていないか、など要因は様々あります。

僕の知り合いでフリーターの友達がいますが、比較的ゆるいと言われている楽天カードの審査に通らなかったということもありました。

 

 

初期費用を高く払わされることもある

僕の経験だと家を借りる際の初期費用を「通常の1.5倍多く払えるなら住んでも良い」

なんて言われたこともあります。

他にも「この先1年間の家賃をまとめて前払いしてくれるなら住んでも良い」

なんて言われた方も実際にいます。

 

もちろん探せば周りと変わらない料金で入居させてもらえるところもあります。

ですが、信用がない事で足元を見られることはよくあります。

 

 

その⑤周りとの比較

10代頃は周りと比較して恥ずかしいと感じることは少なくはありますが20代半ばになってくるとだんだん周りとの差を感じ始めます。

これに関しては人それぞれですが、周りの目としては

「いつまでも定職につかずふらふらしている」

と思われても仕方のない事です。

個人的にはそこまで問題ないかとは思いますが、親戚からの評判や結婚をしたい。と考えている方には不利になるかもしれません。

 

現状を変えたいなら努力しかない

僕自身、2社で正社員として働きましたが正社員採用してもらいましたがそれぞれ違う方法で採用していただきました。

  • 営業で鬼結果を出す
  • 転職エージェントを利用する

 

営業で鬼結果を出す

現在、アルバイトをしている会社の仕事が好きでこの会社で正社員になりたいと思う方は今の会社で結果を出しましょう。

職種にもよりますが営業や販売職であれば本気で売り上げを上げれば3か月で正社員として働かせてもらえます。簡単ではありませんが、個人的には数字で評価が変わるので分かりやすく正社員採用されやすいと感じます。

 

逆に事務職は成果が見えにくいのでどうしても勤務年数などが評価されやすい傾向にあります。

転職エージェントを使う

こちらは新たに職場を探す。というかたちになります。

新しい仕事をしたい!今のスキルをつかって違う職場で働きたい!

といった方にお勧めです。

僕は元々人と話す事が得意だったので、そのスキルを活かし未経験の携帯ショップの正社員として就職しました。

もちろん、スキルがなくても入社してからスキルが上がることを見込んで採用してもらえる会社もあります。

そういった場合は経験者より低い給料で働く。という事がよくあります。

 

どちらにせよフリーターから就職するのは簡単ではありませんがきちんと順序を踏めば正社員として採用してもらえます。

ですが、就職が全てではありません。ゆるくバイトしながら副業する。もアリです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました